カズログ

当ブログはアフィリエイト・アドセンス広告を利用しています

【ネットで完結】スマホをゲオの買取で売ってみた

【ネットで完結】スマホをゲオの買取で売ってみた

皆さんは古くなったスマホやタブレットはどうしていますか?

中にはまだ使えるのにそのままにしているスマホや完全に放置してしまっているタブレット、あるのではないでしょうか。

そんな宝の持ち腐れとも言える使わなくなったスマホやタブレット、売れるかもしれません

今回は使わなくなったスマホをゲオモバイルで実際に売ってみたのでやり方と売ってみた感想をご紹介します。

※掲載の情報、価格等については2024年2月4日時点の記事となります。

この記事を書いた人

山陰のカズ

(さんいんのかず)

キングでもYouTuberでもない山陰のカズです。

ツイッターはこちら

スポンサーリンク

スマホってネットで売れるの?

ゲオの買取公式サイトより

スマホって買い取り店舗に行って売るんじゃないの?

納得いかなかったとき、トラブルにならない?

などネットで売ることに抵抗があるという方も多いかと思います。

実際、私も全てが完結するネットは少しためらう気持ちがありました。

しかし、店舗もよりも手軽に簡単に売ることができてしまうんです!

しかも、フリマアプリなどで売るのとは違い、きちんと企業に対して売るので後でトラブルになる心配もありません。

疑問点などを聞けたりするなど店舗には店舗ならではの良さがありますが手軽に済ませてしまいたい場合などネットならではのメリットも多いです。

特に企業が運営していると安心感もありますし信頼もできるのではないでしょうか。

ネットで売るならゲオの買取がおすすめ

ネットでスマホを売れるサイトは数多く存在します。

中でもおすすめなのがゲオの買取 - スマホ・タブレット - です。

送料が無料

ゲオの買取 - スマホ・タブレット - は買取の際、送料がかかりません。

送料が無料なのは嬉しいですよね。

店舗の持ち込みだと行くだけで手間がかかってしまいますし車だとガソリン代や電車賃などの交通費も負担になってしまいます。

スマホといえど、荷物になるので送料がかからず、査定額から引かれないのも嬉しいポイントです。

ネットで完結できる

ゲオの買取 - スマホ・タブレット - は店舗に直接行く必要がなく、ネットからのの申し込みとメールにて完結ができてしまいます。

本人確認もお持ちのスマホで写真を撮りネット上で提出するので印刷して郵送などの手間もありません。

金額を確定後、自分で入力した銀行口座へ振り込まれる為あっさりと売ることができてしまうのです。

いつでも好きなときにネットから申し込みができるのはとても魅力ではないでしょうか。

実際に売ってみた

気になったので実際に売ってみることにしました。

申し込みから売却完了まで簡単ですがご紹介します。

ちなみに以前使っていたスマホを売却してみました。

売ったスマホと新しく購入したスマホのレビュー記事の詳細は以下の通りです。

気になった方はチェックしていただけると喜びます。

ネットから申し込み

スマホを売るにはまずゲオの買取の公式サイトから申し込みを行います。

あとは画面に沿って必要事項を入力するだけ。

ゲオの買取公式サイトより

高く売るコツやYouTubeでもやり方が載っているので初めての方でも戸惑うことなく申し込みができます。

梱包して発送

ゲオの買取 返送キット

しばらくすると郵送で返送キットを送ってもらえます。

ゲオの買取 梱包の中身

このキットにケースごと入れて封をして送ります。

ゲオの買取 発送

送る際は引取に来てもらえるので楽に発送ができます。

とても簡単ですよね!

本当に家にいながら買い取りの依頼ができるのです。

査定結果

ゲオの買取 査定結果メール

査定結果もメールで通知が来ます。

私の場合は以下の金額でした。

ゲオの買取 査定結果金額

あとは登録した銀行口座へ振り込まれるのを待つのみです。

もっとやり取りをするものだと思っていていたので想像以上に簡単でびっくりしたという印象です。

キャンペーンが豊富

どうせスマホやタブレットを売るならお得に売りたいですよね。

ゲオの買取 - スマホ・タブレット - では定期的にキャンペーンを実施しています。

時期によって異なりますがとてもお得なキャンペーンが多いので要チェックです。

私もキャンペーンを利用して申し込みを行いました。

感想

いかがだったでしょうか。

実際売ってみた感想としては

とても楽で簡単ということですね。

これは店舗に行って売るのがめんどくさいようなスマホもネットで簡単に売れる時代になったんだなと感じさせられました。

最近ではスマホを長く使う傾向や使い方が多く見られますが一方では思い切って売ることも一つの選択肢ではないでしょうか。

価値が下がる前に売ってしまうの良いかもしれません。

気になっている方いらっしゃいましたら、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク